11冊目:脳を活かす勉強法/茂木健一郎


茂木さんの脳科学的な知見と体験談に基づく、ドーパミンによる強化学習の話。
・課題に時間制限を課して負荷を与える
・脳のコンディションを把握する
など、取り入れたい工夫は何点かあったが
最近脳関係の本を何冊か読んだあとだったので、
内容的には知っている話が多かった印象。

ただ、脳に関する本を何冊か読んで、
年初に立てた、英語・トレーニング(RUN/筋トレ)・ブログの
目標達成に向けた方法論が固まった。

・頭の中の自動整理機能を維持するために1時には就寝。
・セロトニン活性化で朝を活用するため、カーテンを開けて寝る。朝食を食べる。
・セロトニン活性化のため、休日1回、平日1回は運動を行う
・最強の神経伝達物質エンドルフィンを出すため、休日RUNは10km超えを目指す
※体の限界より精神の限界の方が先にくるので、そのリミッターを外す
・ミラーニューロン活性化のため、勉強好きな人と会う
・英語は目・耳・口・手を使って覚えることで4倍の効果。
英文を見て、覚えて、一度目を離して書き写す。というテクニック。
・細切れ時間でも脳が読みたい、知りたい瞬間に対応する

上記をチューニングしつつもルーティン化できるよう意識して生活しつつ、
自分の脳をモニタリングするつもりで、
どれだけ追い込んだら、どれだけ肉体が疲れるのか
どんなペースや方法論で勉強すると海馬を刺激して長期記憶に残るのか
自分の感覚値として語れるレベルに把握して、意識的にコントロールできるようにしたい。

コメント

非公開コメント