1冊目:ムダにならない勉強法


なんだか最近記憶力が悪い。
というか知識の定着が悪い感覚があり、購入。

端的に言うと、知識の定着にはアウトプットが超重要。
勉強はインプットの2倍の時間をアウトプットにかけるのが最も効率がよい。
という内容。

意識してはなかったが、自分の過去を振り返ると非常に納得。
本、映画、漫画、なんにせよ友達に話したものはしっかり記憶に定着している気がする。
以下のtips的な工夫も取り入れていきたい。

短期的目標、中期的目標をクリアする/進捗を毎日記録することで能を喜ばす。
・質問を考えながら聞く/名刺交換の際に質問するなどアウトプットを前提としたインプット。
・興味ある人にはできるだけ生で話を聞く、全部の書籍、ソーシャルアカウントをフォロー。
・目次を最初に読んで概観を把握する。
・守破離を大事に。自分がその事柄についてどのステージにいるのかを把握する。
・守のときは基本は全て守る。十個あれば十個。

この本の気付きを具体的なアクションに落とすと、
・アウトプットの機会を増やすため、ブログとツイッターを活用して発信する。
・読書会レビューの会に参加する。
・とにかく、自分の意見を発信する、世間に晒す機会を作る。

以下、本の趣旨とは違うけど個人的にすごい耳が痛いこと。
社会人でレバレッジが効くのは長所慎重よりも短所克服勉強法。
最近、痛感する営業としての経験とスキル不足。
とりあえず「話し方」を平均レベルに引き上げる。
自分のウィークポイントに逃げずにメスを入れる。
営業スキルについて、体系的に勉強した人は少ないはずなので、効果がでやすいはず。

コメント

非公開コメント