7冊目:待っていても、はじまらない。/阿部広太郎


今の自分に必要なのは、具体的なアウトプットを出すための方法論。
自分の中で、ぼんやりと見えかけているけどしっかりと掴み切れていない
「何か」を言葉で定義するためのインプット。だと思ってて、
今ほしい本とは違うかなと思いつつ読み進めていましたが、
前に進むためのパワーにあふれたこの本にかなり影響された。

まずもって冒頭の書き出し。
========================================
いま、どの業界、どの仕事でも、順番待ちが起きていると言われている。
大御所の方たちがまだまだ現役で活躍している。すると若手にチャンスがまわってこない。
それだけではない。まわりと自分を比較して、一喜一憂して、心のエネルギーが奪われていく。
じりじりとそんな状態が続く。時代が激しく変化する中で、先輩たちの背中を見つめて、
じっと待っているべきなのか。同期と比較をして、自分の立ち位置を見つけていくべきなのか。
========================================
自分は待ちすぎた。成長の機会が十分に得られていないことを
もっと強く主張するべきだった。今までの人生において、このことだけは本当に後悔。
少しづつ取り戻していくしかない。仕事のスキルと経験はどんどんレバレッジが効いていく。
積み上げたもののが、たとえ小さな成果にしかならなくとも焦らず、
0でなく1であれば、1を積み上げる。ということを続けるしかない。

本書の中で、
脚本家 渡辺雄介
作家 白岩玄
映画監督 松居大悟
芸人 芦沢ムネト
社会学者 古市憲寿
漫画家 清野とおる

と著者が対談しているが
一歩踏み出すための名言のオンパレードとなっている。

戦いに行く場所がなくなって、自分自身が敵みたいになってしまっている。
外に向かっているうちは楽なんです。自分にはやれることがないと思ったら辛いじゃないですか。
僕はそうやって苦しんでいる男の人を肯定したいんですよね。
白岩玄

いきなり会社の仕事にできる訳じゃなくても、
自分の気持ちを優先して、見返りは求めずにとことんやる。
信頼関係を築く。他の人はそこまでやっていないことをやる。
そうやって仕事を重ねてきました。
阿部広太郎

「なんかすごいことをしたいんですよ!」って、口だけの人も多くて、
そういう人を見ると、まず、行動したのか?1つでも作品を作ったのか?
憧れている人に少しでも認識してもらえるようなことをしたのか?
って言わないけど、そういう気持ちになります。
松居大悟

矢面に立って、批判される立場になる覚悟があるのかどうかが大事だなと思います。
自分がやりたいことがあるならそれをちゃんとかたちにして、
「いい」でも「悪い」でみ、まずは言われる立場にならないとはじまらない。
阿部広太郎

頭の中は居心地いいにきまってるよ。頭の中なんだから。かたちにするのが難しいんだよ、お前。
なに頭の中にとっておいてるんだよ。
芦沢ムネト

特別な才能がある人は別だけど、才能がない人は何か自分の専門性をもったほうが
誰かとつながりやすくなると思うし、他人からも紹介してもらいやすくなりますよね。
社会学者 古市憲寿

踏み出せ、俺。

コメント

非公開コメント