18冊目:己を、奮い立たせる言葉。/岸勇希

元電通、史上最年少エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、
現在は刻キタルの代表を務める岸さんの新著。

勝手に最新の広告コミュニケーションの潮流を捉えたプランニングメソッドの本と勘違いしていたが、
タイトルどおり言葉を武器として仕事をしてきたクリエーターが、
どのように言葉を使って自分を奮い立たせてきたか、過去の語録をベースに綴られた本でした。

以下、気になった金言。

NO.33:シンプルな言葉に書き表せれない企画は、基本的に伝わらないものだ。
レイイナモトは部下に企画を提出させる時、基本は企画書は使わずショートメッセンジャーで提出させる
たくさん考えたものも50文字程度に集約すると、企画のコアが見えてくる。

NO.37:言葉にする。書く。絶対に、書く。
課題を正しく認識するということは、言語化できるということ、すなわち書けるということ。
考えること、話すことと、書くということは別次元の行為。
書くことは、課題を整理する、人に伝える、多くの人を巻き込む上で核となる技術。
また、書くことで、客観視もできる。
書いて、読んで、人に見せて、また書いて、、、するべき。

NO.44:問題の9割は「手段」と「目的」の「逆転」が根本にある。
料理店の、初代・二代目・三代目の話。
強烈な使命感や効率論が知らぬ間に「手段」と「目的」の逆転を招く。

NO.52:相手の「単位」に変換する
単位=判断軸。リスクを気にする得意先には、実施しないことによるリスクを説く。
常に相手の「単位」をしっかりと見極め、それに変換して話す。
自分の伝え方の未熟さを顧みる。

さて、頑張るか。

17冊目:そなえ/野村克也

野村監督の金言集
とりあえず、ビビットきたものだけメモしておく。
・「自分」-「仕事」=「0」になるな
・人を動かすために大事なものは言葉
・仕事に対する姿勢、覚悟というものは、まず見た目に表れる。
・ケチは人格を疑われる
・己を知り、徹する


少し思い出したことが1点。

「評価」=「実力」+「評判」
経験を積み、実力をつけていく
実績を上げ、評判を作っていく

社内だけでなく、社外にもその機会を求める。
超大事。忘れかけていた。
いろいろやれてないことが多く反省。
がんばろう。