4冊目:全ての仕事はクリエイティブディレクションである/古川裕也



途中で気付いた。この本をむかし読んだことがあった。
全然覚えてないことにも我ながらびっくりなのだが、
読むことで得られる気付きがたくさんあるのに、
当時の自分にはまったくもってピンときておらず、
そもそも読んだことすら忘れていた。
やはり読書は自分の知識や経験のステージ、
その時の感情や意識にあったものでないと
自分の血肉となりえない。ということを改めて実感。

今回の100冊pjは選ぶ本の中身だけでなく、タイミングによって効果がかなり異なる。
その事柄について自分が知りすぎてては意味がない。
知らなすぎては理解できない。チョイむずくらいをチョイスすると同時に、
買っても上記に該当しない場合は、時間の無駄になるので無理に読まないということも大事。

というところで、
電通。古川裕也。
この人のはとあるスポンサーの競合代理店のCDである。
当然ながらスポンサーはこのレベルの対話を日常的に行っていて、
我々もそのレベルで対話する必要がある。
もしかすると残念ながら、そこまで期待されていないかもしれないが。。。

会社として、チームとして、個人として、
そこまで意識レベルを上げて今回のPJに取り組む。
そんなつもりで、この本を手にとった。

自分がクリエイティブディレクションを行う気概で、方法論を言語化/体系化する。
アウトプットのジャンプは任せるにしても、正しい悩み方の範囲を提示してチームの生産性を上げる。
ゴールイメージを持つことで、ファシリテーションの技術向上を目指す。

クリエイティブディレクションとは以下の4つで成り立っている。

①ミッションの発見
課題とは異なる。課題は依頼側の困りごとの場合が多い。
ブランドが持つ適切な欲望を引っ張り出す。
このブランドをこういう状態にしたい。というのを言語化すること。
カスタマー側、社会側の欲望とミートできる部分があるかの検証も必要。
ボルボの自転車キャンペーン
ミッションは自分たちができることの中で一番高度で本質的で世界のためになること
ミッションは上に引っ張りあげなくてはならない

②コアアイデアの確定
ブランドの社会的意義を定義すること
そのブランドの本質の本質の本質は何か

③ゴールイメージの設定
④アウトプットクオリティ管理

自分ができることは上記ステップを意識しながら、
スタッフを刺激し続けること。
特に①②の部分で正しい悩み方をみんなで共有すること。

正直そのトレーニング自体が足りていない。
競合分析がてら、少し練習してみようと思う。

3冊目:脳からストレスを消す技術


最近、偏頭痛がひどい。
おそらくストレス性のものであり、
毎年寒くなるとなるので季節性のものでもあると思う。

ただ、忙しい仕事。愛娘が生まれ家族が増えたこと。
自分では楽しんでいるつもりでも、
どこかで負荷がかかっていて
突然の蕁麻疹、目が腫れたり、咳が止まらなかったり、
年を重ねるにつて、自分の体から発信されるSOSが多くなってきた。

”精神的なストレス”をコントロール、
つまり原因と解消方法を言語化して、理解することで、
うまく付き合っていくための取り組みを行う。

何をするにしても、まず健康。
そこからのスタート。


脳科学的な難しいことは理解できなかったが

○3つの神経伝達物質
・ドーパミン:学習脳を活性化させる(報酬を前提に努力する=快を求めるために働く)
・ノルアドレナリン:仕事脳(情報を分析し最前の行動を行う、危機の時に脳を覚醒させる)
・セロトニン
→内外からのストレス刺激に関わらず常に一定量を放出
→それ自体が何かをするわけではないがドーパンミン、ノルアドレナリンの過放出を防ぐ

とういうことらしく、

太陽を浴びてリズム運動を取り入れ、セロトニンを活性化させる。
号泣するのも良いらしい。キーワードは「セロトニン」。